スマートフォン解析

frm44

FRM Vol.44、明日1月16日発売です。
今回は本誌オリジナル・オールカラー16Pのカレンダーつき!
価格は据え置きです。

ご購入はこちらから >>

001-117-BAJA1000のリアリティを感じてください
今回の特集は「NEVER GIVE UP」。2012年11月にメキシコ・バハカリフォルニアで開催された、SCORE BAJA1000の参戦ドキュメンタリーです。基本的にはBAJA1000参戦記ですが、BAJA1000参戦に関してよく訪ねられる項目についての回答も一部掲載しています。昨年、BAJA1000に初参戦したものの、残念ながらリタイアに終わったシオノ、タケさん、僕三上とバハナベ、そしてサポート勢がどんなふうにBAJA1000を走ったのか。1000マイル、43時間50分の間になにがあったのか。そんなストーリーを、久々にBAJA1000を訪れた淵本智信カメラマンの写真と合わせて掲載しています。ぜひご覧いただければ幸いです。

公道レースに出る理由
本誌ではその活動をほぼフルにカバーしている松下ヨシナリ。彼もまた昨年、市街地の危険なコースで開催されるマカオグランプリに参戦してきました。壁がすぐそこまで迫るエスケープゾーンのないサーキット。転倒が即生命の危険に繋がるレースに参戦する彼は、なぜそんなムチャなレースに出るのだろう。マン島参戦のことも含めて、どうしてそんな危険なことをするの? という質問に答えてもらいました。本誌でおなじみの長見拓郎カメラマン、Toni Bonerカメラマンの写真も迫力です。

BMW GS乗りなら見逃せない!
南米、チリで開催されたのは、2012 BMW GS Trophy。GS乗りなら、いつかは参加したい……と夢見る、いや、夢見たい! ビッグなアドベンチャーイベントです。厳しい予選を勝ち抜いて参戦した日本チームに同行したのは、本誌シニアエディターの春木。彼による美しい写真を楽しんでください。

オールカラー・本誌オリジナルカレンダー付きです
昨年好評だった、本誌オリジナルカレンダーが付属します。舞台はスペイン、サハラ砂漠、バハかフォル二ア、マン島、北海道、日高などなど。バイク乗りならしみじみ眺められる写真ばかりです。ぜひあなたのお近くに飾ってください。(画像はこちらから)

そのほか、本誌だけの写真・記事にもご注目ください
よくも悪くも、本誌だけの視点の記事を多数掲載しています。

・三橋淳コラム最終回
・MC Diary by Tetsuyasu Sato
・touring40 by TTPL
・DRAGON NFX & MDX
・KTM 1190 ADVENTURE / R
・HUSQVARNA TR 650 TERRA / STRADA
・HONDA CRF450R FACTORY
・第23回ダートスポーツフェスティバル
・黒山健一
・ホンダオフロードミーティング/ダンロップニュータイヤ
・CGC見学
・アナザーワールド・新城ラリー
・GASGAS FESTIVAL 世界チャンピオンと競った日
・HUSQVARNA SM250R長期インプレッション

ご購入はこちらから >>