スマートフォン解析
ledlight01

LEDシリコンサイクルライト  (ledlight01)

定価(税別)
¥800
販売価格(税別)
¥800
在庫状態 : 売り切れ

light02
※写真では2つ写っていますが、価格は1個の価格です

ハンドルにつけておくと何かと便利なLEDライト

 自転車の世界ではすっかりおなじみになった、シリコン素材のLEDフラッシュライト。前を照らすというよりは、自分の存在を示すための灯りとして使用するものです。前を広く照らすにはちょっと力不足ですが(もちろん前照灯として使えるものもあります)、LEDならではの白い灯りは非常に目だつものです。明るさはそれなりですが、しかしそれだけにじつに軽量でコンパクト。電源はボタン電池(CR2032)のため、電池込みでの重量はこのライトの場合、わずか23gしかありません。
 僕はツーリングに出かけるとき、このフラッシュライトをバイクのハンドルバーにつけていきます。というのも、出先でツーリングマップルを見たり、整備の際にネジを落として探すようなときにライトが「確実にそこにある」のが便利だからです。マグライトやキーホルダーにつけるLEDライト、ヘッドランプなど、LEDのライトには様々な種類がありますが、いざというときに「どこにあったっけ…」となりがち。なので、確実に目に入る場所にライトを装着しておくのです。
 このライトの使用方法として便利なのは、バーにそのまま装着できる構造になっているので、夜はテントの中で本を見たり、地図を見るときに指につけて使ったり、またテントの天井のループに通してテント内の照明などとしても使えること。また、万が一ライトが切れてしまったときは、(前照灯のしての役目は果たしませんが)自分の位置を他者に示すためのツールとして使えます。
 しかし、この手のライトは案外価格が高かったのですが、今回知人の伝手で、低価格のものを提供してもらったので、みなさんにご案内させていただこうと思いました。夏のツーリングに、ひとつご用意しておくといかがでしょうか?

(FRM 三上)


led001-01-05コンパクトでハンドルバーにワンタッチで取り付けられます


led001-01-03昼間に見るとこんな感じです。


led001-01-06指先につけると、地図やテント内で読書をするときに便利です。


led001-01-02真っ暗なところではこの程度の灯りでも助かるシーンが多々あります。


led001-01-04テント内の天井のループに通して簡易照明としても使えます。


■商品名
LEDシリコンサイクルライト
重量:23g(電池含む)
テスト電池入り・スペア電池2個(1回分)付属
サイズ:50mm×30mm×35mm
製造国:中国
保証:商品到着後3週間以内であれば初期不良の場合交換させていただきます。
※製品に予め装着されている電池は保証対象外です。
※簡易包装です。説明書などはつきません。
※一応防水構造になっていますが、耐水性能については保証できません。

※メール便での発送となります。オーダーから到着までお時間を頂く場合(1週間程度)があります。ご了承ください。

led001-01-01
2005年のBAJA1000取材では、ライトなしのXR650Rで夜になってしまい閉口しました。その時に「もっててよかった〜」だったのがLEDヘッドライトでした(今回の製品とは異なりますが)。1つもっておくと便利ですよ!

売り切れ