スマートフォン解析
frm0037

FRM vol.37  (frm0037)

定価(税別)
¥1,143
販売価格(税別)
¥1,143
在庫状態 : 売切れ

FRM Vol.37「GOT FREEDOM?」/FRM STRADA「ルマン24時間の光と影」は、11月5日(土)発売です。なお、今回は本誌としては初めてカラー16P構成の特製カレンダー(2011年11月~2012年12月)がついてきます。価格は据え置きです。

今回の目玉は、11月8日までウエブでは公開が禁じられている「あのバイク」の詳細なインプレッションです。世界的に見ても、本誌が初の記事掲載となります。紹介ではなく、アンドラ公国で開催されたテストライドに参加しての詳細な記事となっています。ぜひ本誌を手にとってご確認ください。
 本誌・三上がハスクバーナTE511で参加した四国のラリー、「SSER」のレポートもぜひ読んでください。30年近く開催されてきている伝統のイベントですが、僕は初参加してそれだけ長い歴史を重ねられる面白さを体感してきました。それを出来る限り伝えているつもりです。
 日本のイベントは、ほかに日高ツーデイズエンデューロも掲載しています。僕は参戦できませんでしたが、シニアエディターの春木が詳細な記事を書いてくれました。こちらも必読です。また、世界選手権モトクロスにおいて「Photographer of the Year」の栄誉を獲得した長見拓郎カメラマンによるモトクロスオブネイションズ、ジュニアワールドカップ、ワールドワイドファクトリーウオーッチングも見所です。今回はJMracingを取材しています。

裏表紙からは、今回よりオンロード版フリーライドマガジン「FRM STRADA」を展開しています。Vol.35でのマン島TTなどでも同様の記事構成をとってきましたが、Vol.37以降は毎回16P程度、オンロードに関わる話題を取り上げていく予定です。今回は、マン島に引き続き、日本からルマン24時間耐久レースに参戦した松下ヨシナリのレポート、そして来年発売されるハスクバーナNUDA900/900Rのレビューが柱です。ちらっとですが、ホンダVFR800Xクロスランナーのインプレッションも。なお、Vol.38ではNUDA900/900Rのイタリア・サルディーニャでのインプレッション、HONDA NSF250Rの試乗インプレッション、そしてTASTE OF TSUKUBAなどの内容を盛り込む予定です。

コラム:スターティングゲート
ニュース:BMW、ヤマハニューモデル他
特集:GOT FREEDOM?
記事:KTM 3XX FRXXRXDX インプレッション in アンドラ
記事:小さな島からやってきた巨人:デビット・ナイトインタビュー
記事:モトクロスオブネイションズ・ジュニアワールドカップ・MXGP
記事:re;bone 日高ツーデイズエンデューロ
記事:佐藤英吾インタビュー「KEEP ON PUSHING」
コラム:私の転機「BAJA1000ライダー、離島の医師になる」「小学校生の自分から届いた手紙」
記事:MOTO-1 R6/R7
記事:マウントモンキースクランブル
その他連載多数

画像3,4枚目は特製カレンダー。A4サイズ、使用時はA3(幅297mm、天地420mmとなります。

デジタル版(期間限定フリー)

付録カレンダー

売切れ