スマートフォン解析
BBPPC2018

BAJABROHTERSオリジナルフォトカレンダー  (BBPPC2018)

定価(税別)
¥3,500
販売価格(税別)
¥3,500
在庫状態 : 入荷待ち






現在一時的にデータが破損しているため販売を休止しています。復旧し次第、販売を再開します


部屋の壁を飾りませんか? 厳選した20枚の写真からお選びください


雑誌「rider」取材時、レース取材時などに撮影したバハカリフォルニア、アフリカ、ヨーロッパ、アメリカ、日本の写真のなかから「これなら壁に飾りたい」というものを20点セレクトし、カレンダーとしてデザインしました。ぜひあなたの家の壁に貼ってみませんか? 高品質なインクジェットプリントで写真光沢紙にプリントし、折り目なしのままお届けします。


仕様


サイズ:A3、A2、A1の3種類です。A3は3500円、A2は4500円、A1サイズは5500円です。
用紙・印刷:専用フォト用紙に印刷工場でインクジェット出力
納期・お届け方法:ご注文後、1週間程度でご指定の配送先に送付します。


購入方法


下の写真1〜20から1点を選び、サイズ(A3、A2、A1)を選んでカートにいれ、画面の指示に従ってご注文ください。複数枚購入される場合は、カートに入れたあと再度このページに戻って注文を繰り返して下さい。


LINE UP




01 JOAN BARREDA
BEST IN THE DESERT – VEGAS TO RENO というデザートレースでスタートを待つHRCファクトリーライダー、ホアン・バレーダのバックショット。明け方のほのぐらい空気の中で静かにレースに備える男の後ろ姿です。





02 GS IN MUD
世界を代表するアドベンチャー・モーターサイクル、R1200GSがいちばん美しく見える瞬間は、泥にまみれた時ではないでしょうか。ロシア・サハリンで撮影した、R1200GSのその美しい一瞬を撮影した1枚です。





03 COCO’S CORNER 1
BAJA1000ではチェックポイントとされることでも有名な「ココス・コーナー」。スクーターで無人の荒野に1人でやってきて、以来40年以上荒野に住み続けているココさんがいる名所です。不思議だけど寛げる場所です。





04 CALIFORNIA GAS STATION
日本にはほとんどない「UNOCAL」がカリフォルニアの空に映えます。美しい自然の風景もいいですが、くっきりとしたコントラストが感じられるこういう写真のほうがカリフォルニアらしく感じられると思いませんか?





05 RIP LEGEND RIDERS
BAJA1000のチャンピオンとして永く活躍したブルース・オグリビー、そしてBAJA1000のレース中、不慮の事故で永眠されたカート・カッセリ選手、2人のレジェンドライダーのデカールが貼られたバンのバックショットです。





06 A MOMENT IN VMX
2006年にニュージーランドで撮影した1枚。トレーラーの上で出番を待つヤマハIT、そしてライダーである父親と応援に来た家族の1瞬の風景です。ほのぼのとした楽しい空気感をどうぞ。





07 A MOMENT IN HTDE
日高ツーデイズエンデューロのルートである牧草地を、気持ちよく走って行くライダーのバックショットです。誰もいない、トレイルもない牧草地を日本国内で走れる素晴らしさ。素晴らしい晴天に恵まれたこの日、誰もが笑顔でルートを走っている姿が印象的でした。





08 ADVENTURE IN THAILAND
2016年、タイで開催されたインターナショナルGSトロフィ。その移動区間で撮影した日本チームのバックショットです。夕陽の道の両側に続く異国の風景が旅の喜びを高めてくれた、印象的な一瞬でした。





09 RIDING IN THE DESERT
アメリカ・カリフォルニアにあるOHV(OFF HIGHWAY VEHCLE )パーク、エル・ミラージュのドライレイクで撮影したCRFシリーズの写真です。広大な砂漠を走り回れるOHVパークの楽しさと青空が懐かしい1枚。





10 MAGIC HOUR IN BAJA CALIFORNIA
メキシコ・バハカリフォルニア、サン・イグナシオで撮影した夕焼けです。アメリカやヨーロッパでは、夕暮れ時に空の色が様々な色に変わっていくわずかな時間を「MAGIC HOUR」と呼びます。まさにその名にふさわしい、燃えるような夕焼けです。





11 PARADISE
メキシコ・バハカリフォルニアの東岸、コルテス湾沿いにある小さなビーチ、アルフォンシナスで撮影した1枚。穏やかで美しい海の前に広がるまっさらなビーチではペリカンが群れています。一生に一度は行きたい、まさにパラダイスな場所で撮影したCRF450Xです。





12 EL OASIS
メキシコ・バハカリフォルニアの東岸、サン・フェリーペを通る国道5号線沿いにかつてあったレストランの看板。オアシスという名前の店はすでに廃墟となっていましたが、味のある看板が砂漠の中で風に吹かれていました。





13 GAS STATION
アメリカ・カリフォルニア、モハビ砂漠の小さな町にあるガソリンスタンド。アメリカで写真を撮影すると、ときに空が黒く見えるほど濃い青に写ることが多くあります。湿度の違いと言われていますが、コントラストの強い日射しと黒っぽい道路、そして濃い青空はアメリカを強烈に感じさせます。





14 BIMBO
バハ・カリフォルニア、サン・フェリーペで撮影したレストランの看板。メキシコで著名なパンメーカー、BIMBOのサインボードです。風に吹かれて酸化した看板が多数打ち付けられていました。





15 SANT TOMAS
バハ・カリフォルニアの西岸、BAJA1000でもルートとして使われるサント・トマス近くのレストランにあった牛の骸骨。黒く見える木の店舗に映える、西部を感じさせるデコレーション。





16 MAMA ESPINOZA
やはりバハカリフォルニア、エル・ロザリオにある伝説のレストラン、ママ・エスピノーザ。1967年にBAJA1000が始まった時にもレースの経由地となっていた店で、ここに行くことがBAJAライダーの楽しみです。





17 COCO’S CORNER 2
上で1カット使用している、ココスコーナーの別カット。ココはユニークでアーティスティックな飾り付けを自分の敷地内に施してあり、フェンスに縛り付けられた無数のビール缶もその1つ。風が吹くと一斉にカラカラとなり出す空き缶たち。





18 MARKER
BAJA1000の際にSCOREがコース上に設置するコースマーカー。オレンジ色に黒の矢印が印象的なマーカーはじつはコースのごく一部だけに設置されているもので、ほとんどは岩にスプレーされたペイントや、木に結びつけられたリボンがコースマーカーとなっています。しかし、コース中では旧いコースマーカーも残されており、BAJA1000の歴史の長さを実感します。





19 LAGUNA CHAPALA
バハカリフォルニア北部の中央付近にあるドライレイク、ラグナ・チャパラ。水がない時期には完全に乾いたフラットな大地となり、バイクで自由に走り回ることが出来る広大な「広場」です。日暮れまでにギリギリ到着することができ、速度無制限のライディングを楽しむデザート・ライダーたち。





20 BEGINNING OF THE DAY
エジプトで開催されている、ファラオンラリーでの1カット。朝焼けの中で新しいスタートを待つマルク・コマと仲間たち。新しい年を迎えるときに壁に貼るポスターとして最適だと思います。


オリジナルカレンダーも制作します
「自分の持っている写真でカレンダーを作って欲しい」「riderに載っていたあの写真で制作してほしい」などの要望もお待ちしております。ご質問はお気軽にこちらからお寄せ下さい。

オプションを指定してください。
購入するカレンダー
プリントサイズ
入荷待ち
BBPPC2018 BBPPC2018 BBPPC2018 BBPPC2018