スマートフォン解析


写真は小栗伸幸さんのCRF250RALLYと原猛志さんのハスクバーナFE501、そして僕のKTM690ENDURO R。モンゴルのガソリンススタンドにて(FAコートSSER ラリーモンゴリア2017にて)

ちょっと前の話ですが

もうまるまる1ヶ月以上前の話なんで「なんでいまさら」という感もありますが、KTM690 ENDURO R関連の人ならきっと一度は見たことがあるであろうブログ、「ぼっちバイカーのブログ」で本誌Vol.13をご紹介いただきました。誠にありがとうございました。

リンク > http://www.botti-bk.com/entry/2017/07/31/210507

 このブログの内容のなかで、最も嬉しかったのは「初心者向けの目線で書いてくれている」という一項があったこと。本誌をよく知る人は、本誌のことを「マニアック」「コア」とかよく言うのですが、確かにやっていることはだいぶ変わっているというか、特殊だと思うんですが、なるべくわからない人にもわからないように工夫しているつもりではいるのです。たとえば、木村吏さんというライダーの紹介をする際に、「JNCC Aクラスのトップライダー(つまり、相当速いオフロードライダーだってこと)」的な説明をつけています(正確な文面は違ったかも)。

 というのも、JNCCもAクラスもJECも、知らない人からしたら「なんじゃそりゃ」なわけで、全部は無理なんですが、できるだけわかりやすい記事制作を心がけているので、そのへんを感じて頂けたのはとても嬉しいわけです。そういや、まだインターネットなんてない頃の編集部では、毎号発行後に届く読者アンケートはがきが楽しみでした。モーターサイクリストという雑誌にいた頃は、マジで積むと1mくらいにはなりそうなくらいのハガキが毎号届いてました。また、編集部にときどき遊びに来てくれる人もいたりして、時代を感じますね。

 ちょっと話はそれましたが、そういうわけで、こうした感想がどこかに書かれるというのは(しかも好意的な内容であれば)とても嬉しいわけです。ありがとうございました。

ただし事実誤認? も

 こうした紹介は非常にありがたいのですが、途中で「広告記事」というのがあったのは、ちょっと間違いなので訂正を。雑誌で広告記事というのは、クライアントから対価をもらって記事を制作することです。タイアップ記事とも言われますが、よく「提灯記事」とも言われますね。ファッション誌や男性誌、女性誌などでは一般的で、まるまる一冊タイアップ……という本もそれほど珍しくはありません。

 だけど、残念ながら? 本誌の場合、タイアップ記事というのはないんです。確かに物品を提供してもらったりすることはありますが、もらったから褒める……ということはなく、欲しいものを提供してもらった場合で、しかもそれが読者にお勧めできる商品だと思った場合に記事で紹介する、ということがあるくらいです。タイアップ記事としての対価をもらったことはありません。

 また、商品を提供してもらった結果「これはお勧めできない」と思ったものについては、その旨提供先に断って「紹介できない」と言っています。弊誌のような趣味の雑誌で、よくないものを褒めたら読者にすぐにばれてしまい、信用を失ってしまうと思うからです。もっとも、そんな粗悪な商品というのは最近あまりないですけどね。

 まあ、じゃあ弊誌の物品紹介が完璧かと言うと、そうではないんですけどね。もっとも問題なのは耐久性や製品クオリティのばらつきで、これは何度も買ったりとか、何年も使ったりしないとわからないことだからです。雑誌での紹介の場合、短期での試用が多いわけで、長期使ってみた場合の耐久性や問題点はわからないことが多いのです。最も、ここ2年使用しているKTM 690 ENDURO R、そして今年から使用しているハスクバーナ FE250の2機種についてはガッツリ距離乗っているので、耐久性に問題ないことは感じてますけどね。

どんどんご紹介ください。それも力になります!

 ぼっちさんが気を悪くされないといいんですけど、少しだけ弁解させていただきました。しかし、どんな見方でも雑誌を紹介されるのは非常にありがたいのです。とくに本誌のようにオフロードメインの雑誌は、ビギナーや一般のバイク乗りが手を出してくれることはあまり期待できないので、ぼっちさんのように書いてくれるのはとても嬉しいのです。それで興味をもってくれる人も多いからです。

 ぼっちさんのブログは、実際のユーザー目線で書かれているのでカスタマイズする人や、これからオフロードを始められるような人にはとっても役立つと思います。カスタムとか整備とかは、本誌は逆に弱いジャンルなので(ほぼ記事を掲載したことがない)、こちらとしても役立ってます。

 もし今後、本誌を紹介してくださる場合は(ぼっちさんに限らず)誌面の写メとかもまったく問題ないので、がんがん紹介していただけると嬉しいです。

というわけで、ぼっちさん効果でのアクセス増を狙っての久々のエントリーでした。